上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
金魂設定
土方×金時&銀時 あぶかむ 金かむ
土方=真選組、金時=ホスト、銀時=パー子、
神威=ホスト、阿伏兎=ホストクラブのオーナー
完成本は5/3SCCにて販売開始。
A5/100P/800円/18禁

詳細はコチラへ



「金と銀と俺と」 その1    


煌びやかなネオンサインの瞬く夜の新宿かぶき町。
不夜城と異名をとる日本一の歓楽街だ。
ファーストフード、スナック、バー、風俗関係の店、
アニメキャラや人気アイドルのグッズを取り揃えている店やコスプレ衣装専門店、
成人指定の本やビデオなどの店、ケータイや電気器機の安売り店、
多種多様な大小さまざまな店が隙間なく連立している。
そしてここを訪れる多くの人々。老若男女。
昼夜を問わず賑わうこの町には、その人間の数だけの欲望や情熱が溢れていると言える。
その情熱が自ら光っているかのごとく、数多の星でも散らばらせたような輝き。
かぶき町には真の闇夜は訪れない。
だが煌びやかなネオンの元に出来る色濃い影。
それはネオンが輝けば輝くほどその奥に潜む影は哀しく漂うのであった。


賑やかな表通りの一本奥まった通路。
ネオンサインの光も届かぬ暗い道。
そこにはホストクラブの通用門があった。

「…ふふ…」
「はは…」

若い男女の声がした。
真選組副長土方十四郎は、その声に気付いて足を止めた。
ビルの壁に背を預け、少々離れた場所からじっとその声に聞き入る。
女の、男の名を呼ぶ声に探していた人物がそこに居ることを確信し、にやりと口角を上げた。


立ち聞きなんざ趣味じゃねえがな…
まあふたりで居る所を邪魔するのも無粋というもの…
ちょいと待ってやるか…ふん♪

「…あ…ん……」
「…ふ……」
男女の唇を合わせる音、衣擦れの音、唾液の混じり合う音、
女のハイヒールが地面をこする音、そしてあえぎ声。
聴覚だけでその音が表わす状況をあれこれと想像している土方は、あれまあと首を曲げた。

ホストってえのも大変だあね、
裏口に回ってもちゃんと客にサービスせんといかんのだなあ……いいなあ♪…


「あ…だからあ…あ…ね?アフターに付き合ってくれない?…いいでしょ?…
金ちゃあん…ね?」
「う…ん…」
「ね?…ふふ…」
「ああ…ごめん…何度も言ってるじゃない…早く帰らないとだめなんだよ…
弟が待ってるんだ…」
「知ってるわ!金ちゃん!でもそれ本当?」
「本当のことだよ…ルミちゃんのこと好きなのも…本当…」
「あ…ん…あ…金ちゃん…」
再び男女のキスらしき音が聞こえて来た。
その合間に囁くような声も。

「ん…ルミちゃん…んん…ちゅっ」
「あ…金ちゃん…」
「もう…戻らないと…ごめん…また来て…ん…ね?」
「…じゃ…また…次も…指名するから…ん…」
「うん…待ってる…」
「じゃこれ…チップね…」
「あ、サンキュ…ちゅちゅっ」

土方は慌てて壁側に向きを変える。
ヒールの音が聞こえて来て、女性が背中側を歩いて行った。
「じゃあね、ルミちゃん。また来てね★」
「じゃあね、ルミちゃん。また来てね★」(土方の声)
「!誰だ?アンタ」
金髪碧眼のホストがこちらを振り向いた。
ああ、こいつだな。
土方は確信した。


「ホスト志望の土方です、先輩。さすがはモテモテなんですね。
俺もここで採用してもらえませんか?」
「へええ~?お前が、か?ふ~ん…(じろじろと土方を見て)
まあ~、なかなかいいツラしてるから結構イケるかな?」
「そ~ですかあ~?やった!
なんせ公務員てのは給料が決まった額しか出ねえもんで、遊ぶ金に事欠いて。はあ」
「くっくっくっ…天下の幕臣が…ナニ言ってるの?たんまりと稼いでるクセに…」
「お前ほどじゃネエよ。ふっふっ…まあ…さ。
ホストに転職ってえのも悪くねえかもしれねえなあ…
女にしょっちゅう触れてキス出来て小遣いもらって酒は飲み放題…いいねえ、まったく。
羨ましいこったな」
「ふふ…背も高いし鋭い目だ…ふん…まあまあかな?はは。
だが今夜隊服で来たのはマズかったなあ…
ダークなスーツも黒い着流しでもカッコ良かったんだけどねえ…」
「そりゃあどうも。知ってたか」
「知ってたさ。なんせこの街にゃ相応しくない鋭い目付きをして歩いていたからねえ…ふふふ」
「そうか、マズかったな、あはは」
「ああ、マズいさ。ここに来たら、女を物色する目付きで歩かねえと目立つって。
それに俺の後をつけたりするなんざ、もっと上手くやらねえとダメだぜ?」
「ああ、すまんな。もっと色気のある目でお前を追えば良かったんだな?」
「そういうことだ。だから余計に目立ってたんだよな~」
「そりゃあ…こんな綺麗な見目のお前だ。惹かれて当然だろ?」
「あれ?ホスト希望で俺を追ってたんじゃないってことか?」
「そうさ…俺はお前を追ってた…お前が気に入ってしまってね…任務のことなど忘れそうになってたぞ」
「ふふ…で?ホスト希望なら採用してもらえそうだけど?どうする?」
「ははは。本気で考えるかね?お前と張れる日が来るか?」
「まさかあ~。冗談キツ!ははは」

ふたりの男はにこやかに語っていたが…
どうも一筋縄では行かなさそうなこいつ。
軽く冗談めいたセリフの連続にも、腹の探り合いのような雰囲気が漂う。


夜の街を生きる一匹のまぶしく光る蝶。
日本一の歓楽街を取り仕切る組織で名を馳せる副長格。
どちらの男からも鈍く光る自信が見えた。
それは優劣のつかぬ輝きだった。

土方は懐からタバコを取り出すと、その一本に火を点けた。
煙をふうっと吐きながらホストを見る。
その顔からは先程の微笑みは消え、下から斜めに見上げるように目を細めて語った。
「坂田金時…年齢、出身地不詳。かぶき町ホストクラブの『スワロウテイル』の五つ指に入る人気ホスト。
だがそれほど熱心ってな仕事ぶりなワケでもなく……同伴、アフターは最低限で多くの女客にモテてはいても、
これといった特別な女との関係は無い。
だが生まれ持ってのパツキンと青い目で超人気。
が、住んでいる所も一見普通のマンション…まあ、分譲価格を調べたら
普通のサラリーマンじゃ買えない額だったがね。
まあ水商売の売れっ子野郎ならそこそこってな感じ。
持ちもの着るもの、ああホストだからねってえ程度で特に贅沢って訳でもなく…
稼いだ金はすべて双子の弟『銀時』名義。
ただ有力な政治家に特別に可愛がってもらってる……だろ?
ここが知りたくてね」
「ふううん…よく調べたね。ソイツの事が聞きたいわけ」
口元を緩め、金時がにやりと微笑んだ。

「ま…ね。オレ、おまわりさんだから。ど~もソイツから
きな臭い匂いがするもんで。ふっ」
「オレがしゃべるワケないだろ?それがルールだ。ばい。サヨナラ真選組の土方」
くるりと手を振って金時が向きを変えた。
光沢のあるシャツの背中がネオンに光った。

「分かってるさ。だからちゃんと口説く」
「は?」
「お前が気に入った、金時…どうだ?今夜付き合わねえか?」
土方はその目に力をこめた。

「……聞いてたろ?弟が待ってるんでね」
金時もその眼差しに色を乗せる。
風俗で働く男の、自信に満ちた表情。
それは輝くばかりだった。
土方はくっと息を飲む。
こりゃあ…!

「そうだったな…それじゃ手っ取り早く済ますか?」
「おっとお、それじゃイヤだぜ?ふふ♪」
挑戦的な目付きが変わって、青い目に艶色が光った。
悪戯っぽさが憎いほど堂に入っている。
さすがはその道に長けた男と言えよう。

「ははっ失敬。それもそうだな。…案内しろよ」
「♪オッケイ。こっちだ」

金時は土方の肩に手を置いて、更に道の奥へと促した。
奥まった路地に入ると、辺りは一層暗くなる。
そこかしこに光るのはホテルの名前の入った看板だけだ。
その一軒を適当に選んで、チェックインした。



部屋のドアを閉めると、すぐに土方は金時の身体を抱きしめ、
その身を壁に押し付けた。
光るシャツの胸元に手を入れる。
金時も土方の上着を半ば破るかのように強引に脱がした。
唇は金時のそれを捉え、呼吸を奪うかのように激しく吸った。
金時からも吸われる。
熱い情欲に満ちたその動きに土方は、さすがは慣れてやがる…と思ったが、そんなのはどうでもよくなった。

一刻も早くこの獲物を犯したい。
この身と声を自分のものにしたい…そればかりを思った。

















スポンサーサイト
 
各地で好スタート、嬉しい限りです!
今日は2回、見て来ました。
来週も2回、別日に行きます★
今日行かれた方はどうでしたでしょうか?
私の行ったところは完全に座席指定だったので混んでなくて
グッズもすんなり買えました。
予定していたものは全部買えたし。




これから見るぞという人も居るので
詳しい内容はここに書きませんが



とにかく!


銀魂ファンなら!


見に行った方がいいよ!


と言いたい!


見て損ナシ!


空知先生、おめでとうございます!
エリーおっさん、おめでとうございます!







帰ってきたらTVで高杉と阿伏兎がしゃべってた>オーシャンズ13.



一日中、ボイスで叫びまくりましてすみませんでした。
マイミクさんのトコにもいっぱい…あうう。
たくさんの「イイネ!」もありがとうでした!
プレゼントしおりは
2枚とも銀さんでした。
ウ○コ刀もってキラン★と
宇宙一バカな銀さん。









この銀魂映画が大成功になって
映画第二弾も出来ますように。

でも何よりこのスタッフで
アニメが再開出来ますように。


やっぱり新作、見たいもの、動く銀魂を!





いっぱい泣いた…

銀魂好きで良かった★
ありがとう!











以下チラリとバレ。












銀さんが素晴らしいぞ!
あのヅラが頼もしく見えるぞ!
阿伏兎がしゃべったぞ、むしろ神威より多い?
パンフ、こりゃ一生保存。
だってホウチュウさんのサインがあるもん。
山ちゃん、美味しいとこ持って行ったねえ。










制作がサンライズで良かったとしみじみ思った。
バトルシーンで。
バクチ・ダンサーも僕達の季節も
最高にいいトコで流れる。
スタッフの本気に泣かされる出来!
いや、泣いてきた。
もうもう~~!







では続きはまた~♪








 
お久しぶりでございます。
こちらの日記はずっと放置状態ですみませんでした。
やっと入稿が終わりまして
こちらの方も更新を…


5/3SCC新刊
スペ 東2ホール ネ46b お誕生日席 「緋桜流」

「金と銀と俺と」
A5/100p/800円/18禁小説&漫画/送料300円


金魂設定。
土金銀、あぶかむ、金かむ
土方は真選組。
金時=ホスト、銀時=パー子の金銀双子は土方にひと目惚れ。
夜兎族経営のホストクラブには
オーナー阿伏兎と看板ホスト神威が…
かぶき町に繰り広げられる数多の恋の物語は意外な方向へ?

5/3SCCは土銀プチ「モノクローム」に参加しています★
土銀本(在庫少)も
銀月、あぶかむ本も持って行きます



詳細こちらで

http://mizukijoe.sfcgi.com/


一回漫画で発行しようと下書きまで出来ていたのですが
結局長さに負けて小説に。
ちょっとだけ漫画を入れましたけれどね(泣)
またも長い100P本です…はあ…
どうぞ5/3のSCCでお手に取って頂けますように…

自家通販は5/3以降に開始です。
書店委託はこれから、ですが予定では「明輝堂」さま&コミックエクスプレスさま
ただ今回はほんとに少数発行なので
自家通販のみになってしまうかも…
SCCの売れ行き次第です。





さあて!
「春祭り」行ってきました~~!
これはミクシ日記のコピペです。




なんて雨だったんだ!
もう途中何度もくじけそうになったよ~物販。
私は11:30頃に到着したんですけどね、列の最後尾がどこ?って。
すごかったよ、ほんとに、人も雨も。
なんでこんなに寒くて雨降ってるんだ~と思いつつも並んでたよ…
途中で何人ものマイミクさんボイス
「くじけそう…」
「寒い…」
「まだ買えない…」
「お!曇天が聞こえる!」
「リハすごい~~」
「向かってるぞ、両国!」
「東京着~」
あ、私も同様のボイスを…銀魂関係無いマイミクさんにはご迷惑様でした。
でもみんなのナマな声になんと励まされたか!
びたみん魂さん、円花さん、いちかさん、梨紅さん、つばきさん、
あきひろさん、サンキュでした★

リハっていうのは勿論会場内で聞いたんじゃ無くて
列が動いてさ、「西」だったかの辺りだと
中でやってるリハの音がまる聞こえだったんだよね。
私も「修羅」「曇天」「お前の母ちゃん~」そしてプラグ。
クワイは聞こえなかったな。
同様のボイスが入ってきたってことは近くに居るってことだ~と
励まされたよ!
その後はみんな買えた&○○に居る~などに変って
ほんとにほっとした。

ブーツだめって聞いたけど私はショート履いちゃったしね、
枡席狭かったけど靴、充分に置けたし。
傘も長傘の方が良かったよね。
あの雨だもの。
ひとりで4時間並んでたけど、後ろのふたりが非常に面白くって。
絶妙なボケとツッコミで、それも私の心情とピッタリで。
お友達になりたかったです!
聞いてて楽しくって、そういう意味では退屈しなかったけど
長かったよ、4時間~~!
足なんか固まっちゃって、カイロで暖めながら過ごしたわ。

一旦離れてドトールで座った時の感動★
温かいコーヒー&トイレでさあ、開場6:00.
駅前の人の多さに驚いたなあ!ほんとすごい人で歩けないの。
外には銀さんの痛車が!
すんごいカッコいいいいい★



そんでもって入ってすぐチラシの奪い合いに参加(笑)



空知先生来てらっしゃらないっていってエリーおっさんが言ってた…
見たかったんじゃないかなあ…でも原稿のペン入れの日だよね?



席はね、いい席だったと思う。
マス席って4人席だけど私は後ろで隣りはお休みでした。
で、前の席のふたりが、ダのんさんと瑞哉さんです。
もちろん初対面、ていうか一瞬で仲良くなって即マイミクに(笑)
ふたりとも可愛いお嬢さんでして。
一緒になってスタンディングして叫んで泣いて笑って歌って踊って!
「幸せ過ぎて夢みたい♪」って3人で抱き合って泣きました。
最後までわんわんと盛り上がってくれてありがとうございました★


さて本番!わくわくが止まりません。
あんなに興奮したカウントダウンなんて人生初だった!
ジミーの太田さんのMCもなかなか良かったよね。
ふらふらと歩くエリーも可愛いし。
ちょうどいいよね、プラカード持ちがさ。
声優さんみんなが登場した時の会場内の叫びのすごいこと!
もちろん私も、だけどね、興奮したね~
生アフレコにも大興奮。いっぱいあってうろ覚え。

★山崎 「君と俺とは地味の器が違うんだよ」「まだまだだね」

★中井さん「士道不覚悟で切腹だー」

★鈴村さん「俺がなめてるのは土方さんだけですぜぃ」

★石田さん「エリザベスがまだ食べてるでしょーが!」
なぜこのセリフかはわかりませんが…ここに1万人居るそうです。
今度は映画館に来てください。

★銀時違った杉田さん「おまえらそれでも銀魂ついてんのかぁああ」
人間一人では生きていけないって偽善者達が言いますが、
人間一人でも生きていけます。
でも一人より隣の人に優しくして一緒に爆笑すればより楽しいです。
銀魂で爆笑したでしょう?←だったっけ?


まさか石田さんの生カツラップが聞けるとは!
にしても一番興奮したのが中井さんの生トッシーコスでした!

で、最終回の上映でなんとウレシヤ★
もちろんOPは「Light Infection」
で、EDは「サヨナラの空」の、生演奏~~♪
要するにアレを生でやってくれて最終回を挟んだってことね。
ものすごく興奮した、エラい音だったよ!
みんなスタンディングで一緒に歌ってた。最高だったよ~
もちろんパピーの渋い声を大音量で聞けて泣けたわよ★

で、お通ちゃんのライブ~~ここに中井さんのトッシーコスが!

 ♪おまえのバーちゃん、おまえのバッシュ~
 ♪放送コードがなんぼのもんじゃい
 ♪お前の母ちゃん何人だ
もちろん一緒に騒いで踊って、「とうきび○○○~~!」
生定春の声もやってくれたよ。
ものすごい盛り上がりだったな~ここら辺。
もうみんな大興奮だったからね。

で、劇場版ですわ、奥様。
新規映像にみんな大喜びだった。
こんな素晴らしいのって…!
なんか本物の映画みたいだよ?あれ?本物だったか!(笑)
松陽先生の声もいっぱい聞こえて…チビ攘夷は本当に泣ける!

ででで、「DOES」の登場では信じられないほど興奮したわ~
あの時の会場の声ったら!
 
 ♪バクチ・ダンサー
「春風に磨かれて 燃え盛る薄ら紅~♪」
私、ほんとに「うすられり~」って聞こえるのでそう歌っちゃう(笑)
かっこいいったら!
ああ早く欲しい、コレ!
さっきからニコでリピート中♪

 ♪僕らの季節
アンコールにはもちろん、
 ♪曇天
 ♪修羅
みんなで「ひい、ふう~」を叫んだ時の幸福★
なんてビート!た、たまらんわい!
大好きだ、「DOES」!

みんなで「ほたるの光」歌ったのは哀しかったけど
エリーおっさんが「終わってないから、むしろこれから始まるから!」って言ってくれて
ああ、本当に再開してくれ~と思ったわ。
みんなそうだったんじゃないかなあ?
でもあれだけエリーおっさんが言うくらいだから
おそらく決まってるんじゃないか?と思うけどねえ。

最後の記念撮影の時の掛け声がまた!

★ヅラ 「ヅラじゃない」 我ら「桂だ」
★ヅラ再び 「攘夷が」 我ら「JOY」
★土方さん「マヨネーズが」 我ら「足りないんですけどおおおお」
★キャスト全員「銀魂」 我ら「だいすき」

燃えましたねえ、コレ!
あ、これがミクニュの写真ですわ。



イベント自体がほんとに銀魂好きの人が楽しめるような作りで
誰もが銀魂好きで良かった!って感じられるような
あったかいものだったよ。
あの長かった雨降りの中の行列もこの頃にはすっかり忘れてた。

そしてマイミクの工場長さんが企画してくれた打ち上げに参加!
ここで共通マイミクさんたちと初めて会って!
そしてまたマイミクさんが増えて♪
あっという間に時間が経っちゃって…
私は二次会行かないで帰ったんだけど、駅の周辺が!
ひとっ子ひとり居ないんだよ!
あのものすごい人の波はいったいどこへ。
「~~~、つわものどもが 夢のあと」←口に出して言いました。
まさしく今日ここに集まった人たちは全部「つわもの」だ!
銀魂という夢に集まった!
私もそのひとり。
なんて幸福!

会えなかったけど来ていたマイミクさんたち、
つばきさん、びたみん魂さん、円花さん、いちかさん、あきひろさん
梨紅さん、こよちゃん、またの機会に~

やっと会えたマイミクさんたち、
工場長さん、ツカ子ちゃん、どきんさん、お総さん、
どうもありがとうございました!
とっても楽しかったです!

そして新しくマイミクさんになってくれた
ダのんさん、瑞哉さん、ムラサキさん、ハルさん、半チャーハンさん、
申請中数名(笑)、どうぞヨロシクです。



でで、お願い♪
これからも銀魂ファンで居て下さいね!
そしてアニメ再開も、もちろん一緒に祈って下さい。
そしてそして再開の暁には
ぜひ一緒に喜び合いましょうね!


ほんとにお疲れ様でした~~
ぜひまた東京に来て下さい!



最近の銀魂コラボ製品!
いちご俺、フルーツ俺、プリン、ミルクプリン、ゼリー、ヨーグルト
いっぱい買いましたが
写真は最初にゲトできた銀さんいちご俺で。


gin-milk1.jpg



劇場版ではぜひとも阿伏兎=ホウチュウさんにしゃべって頂きたい!

今後はナンジャへ行くぞ!
QJも素晴らしいぞ!







 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。